March 4, 2021

Enjin、ガス代を削減し複数のブロックチェーンに対応する 2つのスケーリングソリューションを発表

Enjinは、Ethereumのガス代を削減し、複数のブロックチェーンに対応するファンジブル、またはノンファンジブルトークン(NFT)向けの2つのスケーリング技術、「JumpNet」と「Efinity」を発表します。JumpNetは2021年4月6日に、Efinityは2021年内にリリース予定です。 
Download Press Release

この度、ERC-1155トークン規格の共同開発企業となる Enjin Pte.Ltd.(本社: シンガポール、CEO: Maxim Blagov、以下「Enjin」)は、ノンファンジブルトークン(NFT)向けのスケーリング技術である、「JumpNet」と「Efinity」を今年リリースする予定であることを発表いたします。JumpNetは2021年4月6日に、Efinityは2021年内にリリース予定です。 

EfinityとEthereumという、複数のネットワークを用いたアプローチをとることで、Enjinはより強固な分散型エコシステムを構築します。またJumpNetを使用することにより、無料かつ即時のトランザクション実行が可能になります。

「JumpNetは、クリエイターが何千ものNFTを無料配布できるようにする、高速ブリッジネットワークです。Efinityがリリースされた後、JumpNet上のトークンはイーサリアムとEfinity間を自由に移動できます。 これらの技術により、開発者は的確に顧客にリーチし、ガス代によって引き起こされる予測不能な状況を心配せずに、最新のユーザー体験を提供できます。」

— Witek Radomski /Enjin CTO 

JumpNetは、POA(Proof of Authority)方式のコンセンサスアルゴリズムを備えた、Ethereumのプライベート版であり、Ethereumをスケーリングさせ、無料でトランザクション実行することを可能にします。Ethereumのガス代の高騰によって、NFTの発行や、取引、配布が難しくなった時、スケーリングソリューションの威力が発揮されます。                             

またこの度、Efinity Networkの開発スコープを拡大させることで、同技術をEthereumだけでなく、他のブロックチェーンのFTおよびNFTにも対応した仕様にします。

Efinityは、あらゆるウォレット、マーケットプレイス、取引所が、スケーラブルな方法でトランザクションを管理することを可能にする、オープンプラットフォームとなります

Enjin Platformは現在、8,700人以上のクリエイターに採用されています。近い将来、複数のブロックチェーンに対応したトークンを発行できるようになります。他のブロックチェーンを利用するクリエイターは、トークンをEfinityへ移動させるとガス代を削減できるようになります。

MicrosoftやAtariなどの大手企業、および各業界のイノベーターは、すでにEnjin Platformを活用し、顧客に次世代のユーザー体験を提供しています。

2021年4月6日にリリース予定のEnjinのJumpNetにより、下記のアクションにおいて、ガス代や取引手数料無しでご利用いただけるようになります。

  • Enjin Walletを介してEnjin Coin(ENJ)およびERC-1155トークンを送受信
  • Enjin PlatformでERC-1155トークンを発行
  • Enjin MarketplaceでERC-1155トークンを取引
  • QRコードを介してENJおよびERC-1155トークンを配布
  • Enjinに統合されたアプリやゲームからERC-1155トークンを自動配布

JumpNetの詳細については、https://ja.enjin.io/software/jumpnet をご覧ください。