June 23, 2021

Enjin、Unbound Financeに投資し、Polkadot上で構築されるEfinityにUNDステーブルコインを導入

Enjinは、Polkadot上に構築されたEnjinの次期NFTパラチェーンであるEfinityの流動性を高めるため、Unbound Financeへの投資を実施したことを発表します。
Download Press Release

2021年6月23日発表(シンガポール)— この度、ブロックチェーンとNFT(ノンファンジブルトークン)を用いたエコシステムの開発をリードするEnjin Pte. Ltd.(本社: シンガポール、CEO: Maxim Blagov、以下「Enjin」)は、Polkadot上に構築されたEnjinの次期NFTパラチェーンであるEfinityの流動性を高めるため、Unbound Financeへの投資を実施したことを発表します。

この動きは、先日Unboundが、TechCrunchの創設者であるMichael Arrington氏や、Pantera Capitalをはじめとする多くの大手ベンチャーキャピタルから580万ドルの投資を受けたことを発表した後に実施されました。

「Unboundは、イールドファーマーが担保をUNDに変え、そのUNDをEfinityで利用できるようにするという革新的なレンディングの形を追求しています。Unboundと協力することで、Efinityの持続的な流動性を確保し、DeFi参加者がEnjinの成長するNFTエコシステムの中で、機会をより享受できるようになります。」
ーMaxim Blagov / Enjin CEO 

「我々は、UNDを市場で最も分散化されたステーブルコインの一つとなるよう構築しました。強力なファンダメンタルズにより、Efinityのユーザーは、高速でボーダレスなステーブルコインの恩恵を受けることができ、それは素晴らしいフィアットの切り替えブリッジとして機能します。UNDはまた、Unbound Financeを通じてDeFiのベネフィットを開放します。」
ーTarun Jaswani / Unbound Finance 創業者兼CEO

Unbound Financeを通じて、イールドファーマーは、例えばUniswapに流動性を提供することで生まれた、流動性プールトークンをUnboundのプラットフォーム上で担保として使用し、UNDを得ることができます。このUNDは、Efinityネットワーク上のNFTの購入に使用することができます。

ステーブルコインのUNDを開発したUnboundは、Uniswap、PancakeSwap、SushiSwap、Balancerなど、12のAMM(自動マーケットメーカー)プラットフォームとすでに連携されています。

Enjinは、Unboundの立ち上げ時から協力しており、UNDは、Enjinが今後展開するクロスチェーンネットワークであるEfinityの最初のステーブルコインの一つとなる予定で、あらゆるブロックチェーンからのNFTをサポートします。 

Unboundの主な特徴は以下の通りです: 

  • 清算不要の流動性供給システム
  • アセット発行時に作られる無負債のポジション
  • 非中央集権的ステーブルコインUND、及びuETHのような他の合成資産 
  • パーミッションレスで、Uniswap、Balancer、MooniswapなどのAMMをサポートするように設計された流動性ロックコントラクト