June 17, 2021

Enjin、Virtual Worldsと提携!ピラミッドなど、世界遺産のフォトリアリスティックなデジタルレプリカをNFTとして発行へ

Enjinは、20年以上にわたり歴史的芸術品のデジタル化に携わってきたVirtual Worldsと提携したことを発表します。
Download Press Release

2021年6月17日発表(シンガポール)— この度、ブロックチェーンとNFT(ノンファンジブルトークン)を用いたエコシステムを構築するEnjin Pte. Ltd.(本社: シンガポール、CEO: Maxim Blagov、以下「Enjin」)は、20年以上にわたり歴史的芸術品のデジタル化に携わってきたVirtual Worlds LLC(本社: アメリカ合衆国 フロリダ州、CEO: Elliott Mizroch、以下「Virtual Worlds」)と提携したことを発表します。今回の提携により、今後Virtual Worldsは、ギザのピラミッドや大スフィンクスなど、エジプトの象徴的モニュメントを表現したNFTの限定セットを制作します。これらのNFTは、Virtual Worldsのプラットフォーム内にあるバーチャル空間に置くことができるようになります。

Virtual Worldsとの提携により今後展開される試みは、デジタル化された歴史的建造物にNFTを適用する最初の例となり、世界中のモニュメントをリアルに再現し、新しい方法でのインタラクションを可能にします。Virtual Worldsは、Unreal Engine(アンリアルエンジン)と60K解像度の写真測量スキャンを組み合わせ、現代技術で提供できる最高峰の高精細デジタルレプリカを作成しています。

Virtual Worldsは、デジタル化されたランドマークの幅広いコレクションを利用し、NFTを使った新たなゲーミフィケーションの機会を創出します。このコラボレーションの第一段階では、プレイヤーがリッチな3D環境でNFTのアーティファクトを要求できるトレジャーハントを作成し、獲得したNFTは、Enjinのスマートコントラクトを通してプレイヤーのウォレットに瞬時に送られます。Virtual Worldsの3D環境には、想像力を働かせる余地が多くあります。また、マチュピチュのような他の遺跡にも、独自のNFTが用意されます。

「Virtual Worldsは、世界的に重要な芸術品やモニュメントを新しいデジタルエコシステムに導き、次世代のために保存するとともに、これまでにない方法でアクセスできるようにします。Enjinの技術によって、過去の世界遺産が共有され、デジタルな未来に生き続けることができるのです。」
ーElliott Mizroch / Virtual Worlds CEO

今回の提携により、コンサートやアートショーなどのバーチャルイベントを開催し、そのチケットをNFTで販売することで、バーチャルコンテンツの新しい楽しみ方を提案していきます。また、レースや対人ゲームなど、究極のリアルさを追求した環境を舞台に超大作ゲームを制作し、古代の歴史や文化的に重要なランドマークをゲーム内で表現していくことも計画しています。

Virtual Worldsを体験中に獲得したクロスチェーンNFTは、EnjinのJumpNetブロックチェーンをはじめ、Ethereum、Polkadot、Efinityなどの分散型マーケットプレイスで取引することができるようになります。このNFTは、Enjinエコシステム内のVRやARアプリ、3Dゲームに連携され、保有者は自分のNFTをパラレルデジタルワールドに持ち込むことができます。

「Virtual Worldsは、3Dグラフィックスとユーザーエクスペリエンスの最高の融合をNFTで実現します。これは、NFTがいかにプレイヤーを惹きつけ、新しい仮想世界と経済を創造し、すべてのデジタルエコシステムを1つのマルチバースにつなげることができるかを示す、新たな事例となるでしょう。また、1対1のレプリカを通じてデジタルと現実世界をつなぐ素晴らしい機会でもあります。」
—Maxim Blagov / Enjin CEO